浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

失敗しない探偵(興信所)選びの為のたった3つのポイント

   

失敗しない探偵(興信所)選びの為のたった3つのポイント

浮気調査を考えているあなたにとって、最も気になるのは、探偵社との契約でしょう。
実際に探偵社と契約するとなると、迷いや不安を感じると思います。

探偵社は数多くあり、各社によって調査コースや料金設定もさまざまです。

浮気調査に踏み切ることで、これからの生活に新しい兆しが見えてくるはずです。「あなたにとって必要な探偵社」を選び、納得のいく調査結果を得られるようにしましょう。

ポイントその①:公安委員会届出番号

探偵社を探す時、ホームページで検索する人が殆どだと思います。ここで大切なポイントになるのが「公安委員会届出番号」です。

探偵社のトップページに、必ずといって良いほど記載されている番号があります。(会社概要など、他のページに記載がある場合もあります。)

探偵という職業は「公安委員会」の許可を受けた許可制事業ですから、この番号を得ている探偵社のみ営業することができるのです。

公安委員会ですから、管轄の警察署に届出を行い、その後営業許可を得るという形になります。
事業を継続していて、トラブルが続く探偵社などは、営業を取り消されますので、この番号を持っていません。

ホームページに公安委員会届出番号が記載されているということは健全な営業をしている証拠になります。

料金トラブルや、浮気調査の結果に関するトラブルなどを避けるため、見ておくべき大切なポイントです。

ポイントその②:料金が明示されているか

探偵社を選ぶ時に、最も気になるのが料金です。探偵=数十万円というイメージをもっている人も多いはず。

もちろん探偵社によって料金設定は違い、調査期間によって大幅に変わってきます。大切なのは、ホームページに料金の目安を記載していない探偵社は避けることです。

例えば、ホームページ上で「調査料金は証拠が取れた場合のみ」と謳っている時。
2人が手をつないで歩いているシーンを撮ったことを「証拠」とし、そこから先は追加料金が発生するなどのパターン。

上記は「不貞の証拠」ではなく、浮気を類推させる情報の1つです。
結果として、「不貞の証拠」が撮れるまで浮気調査が続き、数十万円を請求されるといった例もあります。

このようなトラブルを避けるために「どんな調査でどんな証拠が取れ、いくらの料金がかかるか」を明示している探偵社を選ぶべきです。

ポイントその③:無料面談やメール相談を利用する

ある程度、探偵社を絞ったら、無料面談・メール相談などを利用するのが最も良い方法です。
上記のポイントで「どんな調査をして、どんな証拠がとれるか、それによっていくらの料金がかかるか」を相談してみましょう。(無料面談を受け付けていない探偵社も避けるべきかもしれません。)

この時に探偵社から実際のサンプル写真、報告書などを見せてもらえるはずです。
それによって信頼がおけるか、調査能力があるか、実績があるかなどを見極めるべきです。

無料面談ですから、当然、料金はかかりませんし契約をする必要もありません。
話をしてみて、相手の印象や事務所の雰囲気、親身になって相談してくれるかなどを判断すべきでしょう。

こうした方法で2~3社程度は回ってみても良いと思います。
その中で、あなたの欲している証拠や情報を取ってくれ、それに見合った料金設定をしている探偵社を選ぶべきです。

まとめ:失敗しない探偵(興信所)選びの為のたった3つのポイント

探偵社選びはホームページを活用し、記載されている情報に目を通すことがポイントです。
公安委員会届出番号、料金やコースが明示されているかを確認しましょう。

あなたが欲しい証拠とそれに見合った料金設定をしている探偵社を探すべきです。
2~3社に絞ったら、無料面談、メール相談で、浮気調査に関する細かい内容を聞いてみましょう。

おすすめ探偵社

 - 探偵事務所について , , ,