浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

探偵(興信所)への無料相談を行う際の確認すべきポイントや心構え

      2016/06/23

探偵(興信所)への無料相談を行う際の確認すべきポイントや心構え

浮気調査を探偵社にお願いしようとしているほとんどの方が、料金はいくらになるのか、調査はどんなものか、浮気調査でトラブルが解決するのか等の迷いを感じていると思います。これらの諸問題があるために、思い切って探偵社に電話をかけられずにいる人も多いはずです。

しかし電話をして話せばすぐに浮気調査が始まるわけではありません。

ほとんどの探偵社が「無料相談」という形で、面談を行っています。
依頼を検討している方は、まず無料相談を申し込んで話しだけでも聞いてみると良いかもしれません。
ホームページだけではわからない、調査の内容や細かい料金のことなどを聞けるはずです。さらに無料でのメール相談の実施や匿名での相談を受け付けている探偵社もあるので、何社かを併用してみると良いでしょう。

今回は、この無料相談(メール相談)で、探偵社に何を聞くべきか、どんなことを相談すればよいかを紹介したいと思います。

まずは現在の自分の状況をまとめる

①「パートナーが浮気をしているかもしれない」と判断したのはなぜでしょうか?

  • 毎日帰宅時間が遅い
  • 休日も仕事へ行くと言ってでかける
  • 服に香水などの匂いがついている
  • 夫婦間で急によそよそしい態度になり、会話や表情があやしいと感じた

②「あやしいと思う理由」について、何かしらの情報を得ているでしょうか?

  • スマホや携帯に明らかに浮気相手とのメール、着信履歴が残っている
  • 友人の協力を得て、パートナーと浮気相手が会っているのを目撃した
  • パートナーの車が知らないアパートに駐車しているのを目撃した

①の段階だけで無料相談をした場合は、探偵社としても判断がしにくいといえます。
探偵社は無料相談の段階で「依頼者がどのくらいの情報を持っているか」を判断します。

つまり浮気調査をして結果につながるような②の情報がないと、成果を出すのに時間がかかるのです。

無料相談を行う前には浮気を確認できるような情報をどのくらい持っているかがポイントになります。
その情報を元に探偵社は調査の日時を絞ったり、必要な人員、機材などを選定するのです。

情報をもとに、浮気調査に必要な期間や料金を聞いておく

例えば②のように、パートナーのスマホや携帯に浮気相手とのメールや着信履歴が残っていた場合などは、浮気を疑うような有力な情報となるので、探偵社はその内容を聞いてくるはずです。

メールの内容に、浮気相手と会う日時が記されていれば有力な調査情報といえるでしょう。スマホのスケジュールに印がついていた場合なども良い例といえます。

これらの情報をもって探偵社で無料相談を行えば、調査日時、場所を絞ることができます。

○月○日 午前10:00から午後6:00まで行動確認という調査プランを立てたとします。すると、この時間にかかる料金を算出することができるので、依頼者であるあなたも、どのくらい予算が必要になるかがわかります。
一方で、①のみの情報だけで無料相談をした場合は、いつどこで浮気相手と会うかがわからない状態なので、○月○日~○月○日までの1週間ほど行動を確認してみるというプランになるでしょう。

1週間まるまる浮気調査を行えば、当然ながら人件費や交通費などの料金は高額になります。さらに調査の結果、浮気相手と会っていないという結果になるかもしれません。

このように無料相談の際には、あなたがどれだけの情報を持っているかを確認すること、そしてその情報をもとに料金がどれくらいになるかを聞いておき、予算を考えることが大切になります。

探偵への無料相談は実際の浮気調査のシミュレーションの場でもあります

探偵(興信所)への無料相談を行う際の確認すべきポイントや心構え その②

探偵への無料相談は実際の浮気調査のシミュレーションと考えましょう。
浮気調査を依頼した場合にはどのような調査が行われ、どのくらいの料金がかかり、どのような結果が得られるのか。

また、その調査結果をどう使うか、お互いの話し合いで解決できる場合もあれば、協議、調停、裁判を考える場合もあります。ただし、浮気調査イコール離婚とは限りません。

探偵社はこれまでの調査経験から、浮気問題に対する様々なノウハウを持っているので、無料相談の際にはそれらを聞いておくことも大切です。
夫婦間のトラブルをどんな方法で解決できるかを提示してもらいましょう。

実際にどこまで浮気調査をお願いするかを考えましょう

現在のあなたは、パートナーが確実に浮気をしているかわかっていない状況です。
その証拠を得るために探偵社に無料相談をして、あなたが持っている情報から調査プランを立て、それにかかる料金を提示してもらうようにしましょう。

以上は「その①」で紹介したポイントですが、その次に大切になっていくことは「どこまで調査をお願いしようと考えているか」です。

パートナーの浮気が発覚しその証拠がとれた場合、あなたは即離婚を考えますか?
それともお互いに話し合い、パートナーを許すという選択をしますか?

もし即離婚と考えた場合は、離婚の方法を考える必要がでてきます。

  • お互いが話し合い、財産分与や親権などを決める協議離婚
  • 相手が浮気を認めなかったり、意見を曲げない性格で財産分与などの決着がつかない場合にとる調停離婚
  • それでももつれる場合に適用される審判、裁判離婚

この離婚方法によってあなたが必要になってくる証拠がどれだけのものになるかを確認する必要があります。

もし「不貞の証拠」がとれ、それをパートナーが認め、協議離婚が成立するのであれば、調査は1回で済みます。当然、調査にかかる料金は1回分で済むでしょう。

しかし調停に訴える必要性が出てきた時は、1回の証拠だけでは収まりきらない場合も出てきます。
2回~3回と調査をお願いする場合は、どのくらいの時間、料金がかかるかを知っておく必要があります。

パートナーの性格やお互いの財産を知っているあなたにしか「どこまでもつれるか」は判断できません。
無料相談の際には、それにかかる調査回数を想定して時間や料金の計画を立てておく必要があるのです。

探偵への無料相談は解決の道を提示してくれます

探偵社としては、無料相談から実際の調査依頼を受けた方が仕事としての成果を得ることができます。そのため調査に結びつける様々な例をあげてくるところもあるでしょう。

しかしパートナーに浮気があったとしても、離婚することがすべてとはいえません。
現在のあなたとパートナーの状況を伝え、どんな解決策があるかを提示してもらうことも無料相談の大きなポイントです。

特に「浮気してるかもしれない」といった憶測の段階で相談をする場合は、探偵社は「○○の方法でパートナーの行動を確認してみて下さい」と提案してくれるでしょう。

  • 個人でできるGPSを使った行動追跡や、ボイスレコーダーを使った会話の録音
  • 浮気している人の心理的特徴から見られる行動を確認すること

探偵社は具体的なノウハウを持っているので、無料相談の時にどんな方法があるか聞いてみましょう。

その方法でパートナーの行動や心理を確認し、自分から問い詰めてみる方法もあります。
そうすることで、パートナーが浮気を認め完全に謝罪した場合には、調査をする必要もなければ、調停に訴える必要もないのです。

料金的には無料で解決できる一番の方法といえるでしょう。

後々のトラブルを避けるためにも是非確認しておくべき事

探偵(興信所)への無料相談を行う際の確認すべきポイントや心構え その③

探偵(興信所)への無料相談を行う際には、後のトラブルを防ぐための確認も大切になってきます。
探偵社との契約に関しては、細かい料金設定、浮気調査内容などが、後にトラブルに発展するケースがあります。

これらの問題を避けるためにも、無料相談の段階で内容を確認しておきましょう。
また悪徳探偵社と言われる所もあるので、その見極めも大切です。

CMを放映しているような大手の探偵社は料金が高額ながら、調査の精度は高いといえるでしょう。しかし、予算の都合などから個人の探偵社を選ぶ人も多いはずです。

個人の探偵社は時間や料金の面で融通がきくことがありますが、いわゆる悪徳探偵も存在しています。実際の契約に至る前に、無料相談できちんと下調べをしておきましょう。

事前確認事項① 細かい料金設定

浮気調査の料金については、探偵(興信所)への無料相談を行う際の確認すべきポイントや心構え その①で紹介しましたが、ここでは追加料金などの確認について紹介します。
ホームページなどには浮気調査の料金が記載されていますが、実際の契約書ではその他の料金について説明されることがあります。

これは初期費用、交通費、実費などの料金として、調査料金の他に請求されるものです。
もちろん調査料金の中にすべて含んでいる探偵社もありますが、多くは別途料金としているでしょう。

まず初期費用の確認ですが、契約した時点で探偵社に支払う料金になります。これは調査が完了するしないに関わらずかかってくる料金です。料金が戻ってくることはないので、まずは調査への初期投資として考えておきましょう。

次に交通費ですが車のガソリン代、高速料金、新幹線、タクシー、場合によっては飛行機代などがかかることがあります。これらの費用は調査料金とは別になるので、確認しておきましょう。

最後に実費の問題ですがホテル代、有料施設の利用料金などです。
浮気調査の重要証拠は「ホテルへの出入り」なので、当然ラブホテルなどを利用すれば、その場面をおさえるために調査員もホテルの部屋をとります。

またパートナーと浮気相手がデート中に映画館に入った、美術館に入った、レストランに長時間滞在したなども同じように調査のために入っていきます。これらは必要経費としてかかってくるので、無料相談の時に確認しておきましょう。

あなたが「どこまでの調査をお願いするか」がポイントになってくるので事前に予算を考える必要があります。

以上の追加料金は無料相談の時に確認するべきポイントです。
事前に具体的な料金設定を聞いておくことでトラブルを防ぐことができるでしょう。

事前確認事項② 調査報告書のサンプル

無料相談の際には、探偵社の過去の調査実績を見ておく必要があります。調査報告書のサンプルはその良い例といえるでしょう。

写真付きの文書を報告書としている場合が多く、このサンプルを見せてもらい、確認しましょう。時系列に沿って2人の行動が記載され、証拠写真が添付されていることが大前提です。

事前確認事項③ 無料のメール相談を活用する

無料相談にも面談・メール・電話などの相談方法があります。話しをしにくい場合は、メールで連絡し、探偵社の対応を待ちましょう。もちろん匿名で相談できる探偵社もあります。

返信までの時間、返信の文章の内容などから、信頼できる探偵社かどうかを判断できます。高額な調査料金を支払うわけですから、きちんと対応してくれる探偵社を選びましょう。

事前確認事項④ 調査員の印象

面談の無料相談では、実際に調査員と会って話しをするようになります。当然ながら、相手の対応も相談時に確認すべき大きなポイントです。

話しの具体性、親切な対応かどうか、社会的良識のある人間かどうか。
当たり前のことですが、あなたの目で見極めて、信頼できるか判断しましょう。

まとめ:探偵(興信所)への無料相談を行う際の確認すべきポイントや心構え

無料相談のポイントは、追加料金の内容、調査報告書のサンプル、メール相談などがあげられます。
いずれも本契約に至る前にきちんと確認しておくべき重要なポイントになります。

後のトラブルを避けるという意味でも、無料相談の段階で探偵社を見極めておくべきです。

おすすめ探偵社

 - 探偵事務所について , , , , ,