浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

離婚を決意する前に知っておきたい(考えておきたい)ポイント ~離婚の理由をしっかりと把握する~

   

離婚を決意する前に知っておきたい(考えておきたい)ポイント ~離婚の理由をしっかりと把握する~

離婚をしようか悩んでいるあなた。感情にまかせて「離婚だ!」と言い、パートナーに離婚届をつきつけてはいけません。一時の感情ですべてを失う可能性がある事をよく考えて下さい。

離婚と言っても、協議、調停、審判、裁判があり、きちんとした手続きを踏んでお互いが同意してから成立するのです。離婚をする際には、これまでに2人で築いた財産、子供の親権、慰謝料の問題などが発生します。

さらに離婚の理由がパートナーの浮気だった場合などは、調査をしてその証拠を使って法的に対処する必要もあります。これらの色々な問題をクリアして、初めてお互いが新しい道を進めるのです。

離婚届を提出する前に考えておくべきポイントをしっかりと押さえておききちんと決断すべきです。

まずは離婚の原因を考えましょう

民法770条に定めるとおり、裁判で認められる離婚にはいくつかの理由があります。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  5. その他婚姻が継続しがたい重大な事由があるとき

これらの理由の中で、離婚を決意するのは①か⑤がほとんどだと思います。

①の「配偶者に不貞な行為があったとき」の場合はその原因がはっきりしているため、離婚の理由としてわかりやすでしょう。例えば、パートナーが浮気をしていたことがわかってから、夫婦関係が冷え込んでしまった。やがてあまり口をきかなくなり、家庭内別居になってしまう。浮気の証拠をつかんで、それをもって離婚の理由とするという場合です。

次に多いのが、⑤の「その他婚姻が継続しがたい重大な事由があるとき」の場合です。

お金に対する価値観が大きく違い、浪費を繰り返して家計を圧迫してしまう。夫が酒乱でDVを繰り返し受け、精神的、肉体的に参ってしまう。ひどいモラハラ(モラルハラスメント)を受け続けてきたなど。いずれも、婚姻を継続しがたい重大な事由にあたります。

ここで大切なのは「離婚を決意するに至った理由がパートナーにあると認めさせられるか」どうかです。例えばDVを受けていた場合などは、その常習性をうかがわせる映像を残しておく。医師からの診断書をとっておいて証拠とするなどです。

「相手に非があることを証明できる」「その証拠をもって、相手が認めざるを得ない」これら2つの条件が整った時点で、離婚への意思を固めても良いかもしれません。

離婚を決断する前に決めておくべきこと

離婚の原因がパートナーにある時は、あなたの言い分が多く聞き入れられるはずです。

a 財産の分与
b 生活費
c 親権
d 養育費
e 慰謝料

それらを要求する時の配分が、あなたに有利になるといえます。

これらのことを考えずに「離婚だ!」と言って、離婚届に印鑑を押してしまうと、その時点で離婚が成立してしまいます。a~eの条件はうやむやになり、あなたに非がなくても、要望が聞き入れられないかもしれません。つまり、離婚を決断する前に、

「①~⑤のどの離婚理由にあたるのか。パートナーは離婚の理由を認めるのか」「a~eの条件について、どのくらいの要求を示すのか」

を、あなた自身ではっきりさせておく必要があるのです。

まとめ:離婚を決意する前に知っておきたい(考えておきたい)ポイント ~離婚の理由をしっかりと把握する~

離婚を決断する前には、離婚の理由を考えておきましょう。裁判上で認められる①~⑤の理由のどれに該当するかを確認すべきです。

その離婚理由を、パートナーが認めるかどうかもポイントになります。もし離婚をする時にはa~eの条件をどの程度望むのかはっきりさせておきましょう。

パートナーが離婚に至った理由を認めれば、a~eの条件はあなたに有利になるでしょう。大切な子供や財産は、離婚の原因を作ったパートナーに受け渡すべきではないからです。

おすすめ探偵社

 - 離婚について , , , , ,