浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

離婚を決意する前に知っておきたい(考えておきたい)ポイント ~審判・裁判離婚について~

   

離婚を決意する前に知っておきたい(考えておきたい)ポイント ~審判・裁判離婚について~

離婚を決意する前のポイントとして、離婚の方法を考えましょう。今回は、審判、裁判離婚についてです。

協議離婚、調停離婚に次ぐ離婚の方法ですが、審判や裁判まで発展するのは稀でしょう。有名な芸能人などが裁判で離婚調停中と報道されているのをよく見ます。しかし一般の人にとっては、審判や裁判はあまり身近なことではありません。

あくまでそういった離婚方法があることを念頭に置いて、その内容を理解しておきましょう。

審判離婚とは

調停委員の判断で、何度も調停が行われたにもかかわらず、離婚が成立しそうもない時にとられる離婚方法です。お互いの言い分が、わずかな点で合意しない時、家庭裁判所が離婚の処分ををすることができます。これを調停に代わる審判と言います。お互いの意思に反して強制的に離婚を成立させるのです。

審判では、親権、養育費、財産分与、慰謝料等の金額が命ぜられます。

なぜ、離婚を決意する前に、審判や裁判などの離婚方法を知っておく必要があるのでしょうか?
それは、長年、パートナーと寄り添い、お互いの性格や言い分がわかっているからです。

夫(妻)の性格上、一度決めたら譲らない、要求は全部とおしてくる、自分がすべて正しいと思っているなど、パートナーの性格を把握しているのはあなた自身ですから、離婚を提案した時に「どこまでもめるか」を予想できるでしょう。

すぐに決着がつかないと判断した場合は、どの離婚方法が適当であるか、そのためにどんな証拠や情報が必要かの作戦を立てるのです。

審判離婚が適用されるケースは非常に稀なので、なじみがないとは思いますが、知っておく必要はあります。

裁判離婚とは

協議離婚で決着がつかず、調停・審判でも離婚が成立しなかった時にとられる離婚方法です。
家庭裁判所に離婚の訴えを起こし、判決が下って離婚が成立します。

調停や審判でも合意に至らない時のみ適用されるので、段階を踏んでからの、最終手段としての離婚方法になります。

裁判ですから弁護士を立てて、お互いの主張をぶつけ合う戦いの場になります。

離婚を決意する前にこの方法を知っておくべきなのは、やはりパートナーの性格を考えてのことといえるでしょう。
絶対に譲らない、意見を曲げない性格であれば、裁判までもつれる可能性は十分あるので、押さえておくべきポイントといえます。

また夫婦の間に莫大な財産があったり、親権でどうしてももつれる場合などは、一般の家庭でも裁判を適用することがあります。

裁判離婚のポイント

裁判ですから、財産分与、親権、慰謝料、養育費、生活費などを争点に、パートナーと戦うことになります。
ただし、弁護士費用などのお金もかかり、時間も使い、体力や精神力も使いますから、そうしてまで譲れない主張がある時に裁判を起こすべきです。

離婚を決意する前に「裁判まで発展する可能性もある」と思ったら準備をしておきましょう。

裁判で使う証拠集めが、重要な作業になっていきます。

例えば、パートナーの浮気が原因で離婚することになった。2人の間には、多額の財産があり、小さな子供もいる。

こうした場合は、パートナーの浮気の証拠である「不貞行為の実態」を押さえることです。2人の財産を表す証拠書類をすべて揃えておくことも大切なポイントです。

まとめ:離婚を決意する前に知っておきたい(考えておきたい)ポイント ~審判・裁判離婚について~

離婚を決意する前に、パートナーの性格を十分理解して「どこまでもつれそうか」を総合的に判断することがポイントです。
2人の間に多額の財産があるときは、どちらも譲らない可能性があるので、審判、裁判までを考えておく必要があります。

そこで戦うためには、証拠資料を全て揃えておくことです。これらに係るお金、時間、気力や体力などを総合的に考え「戦えるかどうか」判断しましょう。それが離婚を決意し、実行に移す前のポイントになります。

おすすめ探偵社

 - 離婚について , , ,