浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

浮気、不倫に対する制裁・復讐の方法

   

浮気、不倫に対する制裁・復讐の方法

決定的な浮気や不倫の証拠を押さえたあなた。これまで散々悩み、苦しめられてきたパートナーへいよいよ制裁、復讐の時が来ました。ただ制裁、復讐と言ってもその方法などやり方は様々です。ここでは代表的な制裁、復讐方法を書いていきます。

浮気(不倫)の制裁、復讐方法① 慰謝料請求

最も代表的な金銭的な制裁、復讐方法です。浮気したパートナーとその浮気相手両方から請求することができます。お金を請求する以外にも持ち家やその他財産を取り上げる方法もあります。

「お金じゃない!」と言う方も多いですが、日本の法律上、暴力やいやがらせによる復讐は認められていませんので、結局は金銭的な制裁しか方法はありません。

慰謝料請求額はそれぞれの状況によって変わってきます。こちらは別の記事で触れていますのでそちらを参考にしてください。

>不倫・浮気による離婚の際の慰謝料の相場と慰謝料額決定の6つの要素・慰謝料請求

浮気(不倫)の制裁、復讐方法② 双方の会社への報告

内容証明を会社に送り付け、会社に事実確認をさせ、会社としての注意や懲戒処分を依頼します。パートナーの職業にもよりますが、場合によっては解雇になるケースもあります。以前私の勤めていた職場でも社内不倫が発覚し、双方のパートナーが会社に来られ、経営陣と話し合いになりました。結果どちらも自主退職となりましたが、会社から辞めさされた事は明らかでした。

また解雇まではいかなかったとしても、退職するその日まで色眼鏡で見られ続ける事になりますし、出世や査定にも影響していきますので、非常に厳しい制裁であると言えます。

注意点としては最悪会社を辞めてしまう可能性がありますので、そうなった場合は慰謝料や養育費の回収は見込められなくなってしまいます。

浮気(不倫)の制裁、復讐方法③ 家族や友人への暴露

浮気の証拠をパートナーの家族や友人へ送り付けたり、知り合いが集まるSNSへ投稿したりし、今後は皆で見張って下さいとお願いする方法です。暴露された側は家族関係や友人関係を壊されただけでなく、メンツやプライドまで踏みにじる事ができます。

私の知り合いから聞いた話ですが、浮気妻の携帯に残っていた、行為中の写真全てをA3サイズで印刷し、浮気妻の実家や職場に送り付けた方もいらっしゃるそうです。もちろん浮気妻は実家から勘当され、退職に追い込まれ、もちろん離婚し、無一文で家を追い出したとのことです。ただこの後はストーカーまがいになってしまったらしく、結局家を処分して逃げるように引っ越したとの事です。

またやり過ぎるとあなたにも罪が行く可能性がありますし、全てを失った人間がどんな方法で復讐してくるかわかりませんので、くれぐれもやり過ぎには注意が必要です。

浮気(不倫)の制裁、復讐方法④ 離婚や別居

相手が離婚を求めている場合は制裁にはなりませんが、復縁を望んでいるのであれば、こちらも立派な制裁方法です。また逆に別れてあげないという制裁もあるようですが、あまり前向きとは思えませんので私はおすすめしません。

また、毎月の生活費はちゃんと入れさせ、パートナーには家を出ていかせるという方法もあります。簡単に言うと体のよいATMにするという方法です。こちらも破壊力抜群の方法となりますが、将来的に復縁は厳しいのではないかと思います。

浮気(不倫)の制裁、復讐方法⑤ 親権を取り上げる、子供に会わせない

こちらも中々厳しい制裁方法かと思います。ある程度大きい子供だとさすがに理解もできるかと思いますが、小さいお子さんだと、お子さんも含めかなりのダメージを負います。

ただ子供には何の罪もないと言う事と、やり過ぎると裁判沙汰になることが多いと言う事をお忘れなく。

まとめ:浮気、不倫に対する制裁・復讐の方法

ここまで一般的な制裁・復讐方法を記載してきましたがいかがでしたでしょうか?私は慰謝料請求のみとしましたが、特にもっとやっておけばよかったと思うこともありません。

怒りや復讐心に任せやり過ぎてしまうと、あなたの人生まで台無しになってしまうこともありますので、くれぐれも自分一人で動かずに法律のプロや探偵事務所等に相談するようにして下さい。

おすすめ探偵社

 - 離婚について , , , , , , , ,