浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

浮気調査離婚体験談④ 調査報告書の受け取りと探偵からの3つのアドバイス

      2016/06/23

浮気 サレ夫の離婚体験談④ 調査報告書の受け取りと探偵からの3つのアドバイスいよいよ浮気 サレ夫の離婚体験談も折り返し地点。まだこのシリーズの記事をお読みで無い方は下の記事から読み始めて下さい。

>浮気調査離婚体験談① 妻との出会いから妻の浮気(不倫)を疑い始めるまで
>浮気調査離婚体験談② 浮気(不倫)の兆候と探偵(興信所)へ調査依頼を決意するまで
>浮気調査離婚体験談③ 浮気調査と探偵(興信所)からの調査報告

調査報告書を受け取りに探偵事務所へ

土曜日に調査報告を電話で貰い、完全に真っ黒だった事を知った私は、探偵の忠告に従い妻と合わないように実家で日曜日を過ごしました。日曜の遅くにマンションへ帰りましたが妻はすでに就寝していました。翌日いつも通りの時間帯に家を出ましたが、会社へは向かわず東京駅のカフェで時間を潰し探偵事務所へと向かいました。正直言って探偵事務所までの道のりはとても足取りが重かったです。

浮気調査報告書には動かない浮気の証拠がぎっしり詰まっていました

探偵はファイルを取り出し、尾行の内容を記録した書面を開きながら淡々と妻の行動をなぞって行きました。

金曜日の退社後、会社から少し離れた駅に一人で向かった妻は本屋や服屋でショッピングを楽しみ時間を潰した後、男性と合流。予想通り相手は同じ会社の妻の上司でした。そのまま近くのそこそこ高級そうなレストランで食事。1時間ほど食事を楽しんだ後、徒歩で移動しラブホテルに二人でチェックイン。翌日10時前にチェックアウト。その後は二人仲良く電車に乗り横浜方面へ向かったとの事でした。

どうやって撮ったのかはわかりませんでしたが、手を繋ぎながらラブホへ入っていくシーンや腕組みしながらエレベータに乗っている姿等の写真が沢山抑えられており、その女性は紛れもなく私の妻でした。また家ではもう見せる事の無い嬉しそうな笑顔を見せていて、それが私の心をえぐりました。

探偵からの3つのアドバイス

ここまではっきりとした証拠が出てきましたので、追加の調査依頼は行いませんでした。探偵は明らかに憔悴している私を丁寧に丁寧に励ましながら、3つのアドバイスを教えてくれました。

  • 報復や復習、ましてや暴力に走る事はもってのほか。何もかもを失う可能性があり、それこそ浮気妻の思う壺になる。
  • 離婚だけが解決策ではなく、修復と言う道もある。ましてや新婚なのでやり直せる可能性も大いある。
  • 離婚や慰謝料を考える場合は、必ず自分だけで進めず弁護士やアドバイザー等のプロフェッショナルな第三者に相談する事。

探偵からはどうするか決めたら連絡下さいと言われ探偵事務所を後にしましたが、はっきり言ってここまで来ても私の中でどうしようかを決めかねていました。このまま何も無く見過ごすという選択肢だけは無いと思いましたが、離婚か関係修復かを決める事はできませんでした。どうする事も出来なくなった私はとりあえず会社に電話を入れ、明日も休む事にしました。

心の底から信頼できるあの人に一切合切を打ち明けて相談しよう

そして両親や友人、色々な知人の顔を思い浮かべ、相談できる相手を探しました。もう自分一人の力ではこの大きな問題を解決できず、相談できる相手を必死で探しました。自分自身がここまで精神的に弱いとは知りませんでした。そして一人の方の顔を思い浮かべ、この人に相談しようと携帯電話を取り出したのでした。

今回はここまでとなります。次回は信頼できる方への相談と私の決意の話となります。

次の記事「浮気 サレ夫の離婚体験談⑤ 人生の師匠(メンター)への相談と離婚、慰謝料請求への決意」を読む

おすすめ探偵社

 - 浮気 サレ夫の離婚体験談 , , , , , , ,