浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

浮気調査離婚体験談⑪ 慰謝料の相場と離婚協議書の作成について

      2016/06/23

浮気 サレ夫の離婚体験談⑪ 慰謝料の相場と離婚協議書の作成について

やっと妻の中でも離婚の覚悟ができ、前に進み出した私たちでしたが、ここからはシビアにお金や財産分与の話になります。

ここから読み始めた方は良ければ過去の記事から読み進めて下さい。

>浮気調査離婚体験談① 妻との出会いから妻の浮気(不倫)を疑い始めるまで
>浮気調査離婚体験談② 浮気(不倫)の兆候と探偵(興信所)へ調査依頼を決意するまで
>浮気調査離婚体験談③ 浮気調査と探偵(興信所)からの調査報告
>浮気調査離婚体験談④ 調査報告書の受け取りと探偵からの3つのアドバイス
>浮気調査離婚体験談⑤ 人生の師匠(メンター)への相談と離婚、慰謝料請求への決意
>浮気調査離婚体験談⑥ 浮気妻との対決 浮気の証拠を突き付ける瞬間
>浮気調査離婚体験談⑦ 妻が浮気に走った理由と相手の男性(間男)について
>浮気調査離婚体験談⑧ 間男への報告と電話での対峙
>浮気調査離婚体験談⑨ 互いの両親への浮気の告白と離婚を報告
>浮気調査離婚体験談⑩ 復縁を迫る浮気妻との対峙について

慰謝料の相場とは

自分の人生の師匠(メンター)より「現在の法律では復讐は認められていない。お金で解決する以外に方法はない。それは恥ずべきことでは無い 」と教えられ、私は慰謝料請求へと踏み切ることにしました。

しかし困ったことに慰謝料の相場が全然わかりません。ネットで調べたところによると50万という人もいますし、500万という人もいます。いくつかのサイトで調べたところによると下記ポイントがわかりました。

慰謝料の相場と考え方 6つのポイント

  • 慰謝料は結婚年月が長ければ長いほど高くなる
  • お互いの収入や資産により変動する
  • 子供の数や養育権によっても変動する
  • 浮気・不倫の内容によって悪質であればあるほど慰謝料は上がる
  • そもそも相場などはあってないようなもの。100万~300万が一番多く、平均すれば150万程度が相場
  • 慰謝料を高く請求し、調停での話し合いになると過去の判例と照らし合わせて考えられる為、慰謝料は大きく目減りする

上記6つのポイントを我々に照らし合わせ、私は200万円と言う数字を出しました。理由は下記の通りです。

  • 結婚期間が1年程度と短い
  • 妻の収入は年相応程度。ただし貯金や資産は結婚期間も短くほぼなし
  • 子供はいない
  • 結婚後数ヵ月で不倫され、非常に悪質だと思う

離婚協議書の作成

慰謝料を決めた私たちは次に離婚協議書の作成について調べました。本来の離婚協議書は公正証書で作成し、法的な効力を持たせるものらしいのですが、我々は子供もおらず養育費や親権もないため、そこまでの作成は話がこじれそうになったらでいいと判断しました。私が離婚協議書に入れた内容は下記の通りです。

離婚協議書に記載した内容

互いに離婚を合意

  • 互いに離婚を合意したことを宣言

離婚の理由

  • 不倫が原因の離婚である
  • 浮気調査の調査結果
  • 客観的な証拠(何月何日に○○ホテルで○時間滞在など浮気調査の報告書の内容)
  • 不倫相手の名前や住所、勤め先や役職等を記載

離婚届提出日

  • 何年何月何日に誰が提出するか

慰謝料について

  • 請求額(私の場合は200万円)
  • いつまでに誰がどんな形で支払うか
  • 支払い完了後、領収書(のようなもの)を発行すること
  • 慰謝料支払い後に追加の請求や交渉は行わない
  • 慰謝料支払い後に不倫相手に対する接触は一切行わない

離婚後について

  • いつまでに誰が出ていくのか(諸事情があり私が転勤することになったので、私が出ていくことにしました)
  • 賃貸物件の契約者の変更
  • 今後特別な用事がない限り、互いの連絡は禁止
  • 離婚後は互いの人生について一切干渉しない
  • 両親・親族に関しても離婚後の接触は禁止

捺印

  • 離婚協議書を2通用意し、お互いに半印ずつ捺印
  • 1通ずつお互いで保管

このような内容の協議書にしました。本当は公正証書にするか、弁護士等の専門家にお任せする方が良いかと思いますが、私たちは離婚や慰謝料について一切もめなかったのでこの形で良しとしました。

今回はここまでとなります。次はいよいよ最終章、別れの日について書きます。

最後の記事「浮気 サレ夫の離婚体験談⑫ 協議離婚成立 浮気妻とサヨナラをした日」を読む。

おすすめ探偵社

 - 浮気 サレ夫の離婚体験談 , , , , , ,