浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

浮気調査離婚体験談⑫ 協議離婚成立 浮気妻とサヨナラをした日

      2016/06/23

浮気 サレ夫の離婚体験談⑫ 協議離婚成立 浮気妻とサヨナラをした日

いよいよ浮気 サレ夫の離婚体験談シリーズもこれで最後になります。12回に分けて書いてきて改めて思った事は離婚には本当に凄いパワーを使います。それこそ結婚の何倍、何十倍もです。

このサイトに来られた方はパートナーの浮気を疑われていたり、不倫の事実を突きつけられたりされた方だと思います。どうか皆さんにとって、この体験談が少しでも役に立てればいいなと思い、書いております。

>浮気調査離婚体験談① 妻との出会いから妻の浮気(不倫)を疑い始めるまで
>浮気調査離婚体験談② 浮気(不倫)の兆候と探偵(興信所)へ調査依頼を決意するまで
>浮気調査離婚体験談③ 浮気調査と探偵(興信所)からの調査報告
>浮気調査離婚体験談④ 調査報告書の受け取りと探偵からの3つのアドバイス
>浮気調査離婚体験談⑤ 人生の師匠(メンター)への相談と離婚、慰謝料請求への決意
>浮気調査離婚体験談⑥ 浮気妻との対決 浮気の証拠を突き付ける瞬間
>浮気調査離婚体験談⑦ 妻が浮気に走った理由と相手の男性(間男)について
>浮気調査離婚体験談⑧ 間男への報告と電話での対峙
>浮気調査離婚体験談⑨ 互いの両親への浮気の告白と離婚を報告
>浮気調査離婚体験談⑩ 復縁を迫る浮気妻との対峙について
>浮気調査離婚体験談⑪ 慰謝料の相場と離婚協議書の作成について

心機一転。転勤について

離婚届を提出する話の前に、私の仕事の事を書きます。浮気調査や探偵との打ち合わせ、妻や実家との話し合いなど、有給消化させて頂くことが多くなり、私は離婚を決意したその日に直属の上司に全てを打ち明けました。

上司はかなり驚いていましたが「会社には俺から話しておく。解決するまでは半日休暇でも早退でも自由に取ってよし」と行ってくれました。理解のある上司と会社に恵まれ幸せだと思いました。

また同じタイミングで中部地方への新規店舗出店の話が持ち上がり、上司から離婚問題が解決したら心機一転、新天地で頑張らないか?と転勤の話を頂きました。役職が付いて栄転…ではないですが、何もかもリセットしたかった私はその話に飛び付きました。

離婚成立。離婚届を提出した日

離婚届は私が提出しました。書類一枚を提出して終わりです。驚くほどあっけなく私たちは他人になりました。戸籍には「×」が付きましたが、新たな転勤先で住民登録すればそれも消えてしまいます。本当に紙切れ一枚の話なんだなと改めて思いました。

結婚の際に祝福してくれた色々な人を裏切ってしまったという思い、妻を浮気に走らせてしまった自分自身に対する情けなさ、なにもかも奪い去っていった間男への怒り、色々な感情が巻き起こりましたが、一番はこれでやっと終わったという解放感でした。

慰謝料の振り込み

離婚協議書を作成した際に慰謝料の支払いは1ヶ月後に設定しましたが、2週間後ぐらいに振り込まれました。

出所に関してはもう何も言いませんでした。妻には貯金なんて殆ど無かったため、親か間男に支払わせる事になったと思いますが、敢えて聞くことはしませんでした。

転勤の為の引っ越し準備

会社には数日の有給と転勤の為の休みも頂き、1週間ぐらいで引っ越しを行いました。自分で荷造りを行い、引っ越し業者に引き渡したのですが、私の荷物なんて驚くほど少ないものでした。思い出の品や捨てるにはどうしようか迷うものも遠慮なく捨てることができました。これはきっと次の新しい日々が待っていたからだと思います。

妻は当面この家に住むことにしたようでした。妻の収入では少々厳しい支払いになると思いましたが、その先の事は干渉しないことにしていましたので、もう何も聞きませんでした。

最後の夜

荷造りも終わり引っ越し業者に数個の段ボールを引き渡し、いよいよ最後の夜を迎えました。

最後ぐらいはと言うことで少し高級なお店で外食することにしました。色々な思いはありましたが、お互いすでに終わった事として割りきって楽しく食事し、家に帰りました。

最後の夜は結局明け方まで話し込みました。これまでの事、これからの事、色々な感情が生まれましたがお互いに深い所に踏み込む事もありませんでした。

サヨナラの時

殆ど眠れないまま翌日を迎え、少しの荷物だけを持って家を出ることになりました。最後まで涙を見せなかった妻ですが、いよいよ私が出ていく際に大粒の涙をこぼしながら一言だけ言いました。

「私の人生の中で一番愛した人でした。ありがとう…」

一瞬だけ足を止めそうになりましたが、そこで足を止めてしまうと全てがダメになるような気がして、私は何も言わずただただその重いドアを開け、何も考えないようにしながら家を出ました。

「ありがとう。さようなら。」

後にも先にもそれだけしか出てきませんでした。そしてそれが最後です。このあと一度も妻とは会うこともなく、直接言葉を交わしたこともありません。時折風の噂程度に妻の消息を聞くこともありましたが、今はもう全く聞くこともなくなりました。

そして現在

その後の私について特に書くことはありません。それっきり妻とは会ってませんし、バツイチを引目に感じたこともありません。

その後の私は新天地での仕事に全力で取り組み、取引先の女性と出会い、お付き合いすることになりました。もちろんお付き合いする前にバツイチであることは正直に話しましたし、私より年上の彼女はそれも理解してくれました。

そして今は関東に戻り、役職も付き、後輩も出来、優しい年上の奥さんと1歳になる息子に恵まれて幸せに毎日を過ごしています。

最後に ~今パートナーの浮気に悩んでいるあなたに~

浮気 サレ夫の離婚体験談はこれで終わりです。正直言って赤裸々に全てを書くことに対しては、過去を振り返ることになり、辛くなる事も多々ありました。

ただ今の私の辛さや幸せは全てこの離婚の経験の上にあります。過去を悲観する事もできますが、過去を受け入れ前に進む事もできます。どちらもあなたの人生ですし、自分自身でコントロールできない時もあるかと思います。

最後に私から皆さんに言えることですが、とにかく一人で抱え込まないで、信頼できる誰かに相談しましょう。パートナーの浮気や不倫は想像以上に辛い経験だと思います。

とにかく相談しましょう。それが親友でも上司でも友人でも探偵でも弁護士でもネットの掲示板等のリアルな友人で無くても結構です。とにかく自分の辛さを全て吐き出し、色々な意見や情報を集めて下さい。そこからきっと始まる事があります。

決して一人で悩まないで下さい。そして明日にはきっと明るい未来が待っていると信じましょう。傷はいつか必ず癒えますので、一緒に悩んで一緒に向き合いましょう!

おすすめ探偵社

 - 浮気 サレ夫の離婚体験談 , , , , , ,