浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

浮気調査の費用を少しでも安くする為の6つのテクニック

      2016/06/23

浮気調査の費用を少しでも安くする為の6つのテクニック その①

探偵社に浮気調査をお願いしようと決めたとき、一番気になるのが費用の問題です。
ホームページなどを見るとわかるとおり、調査料金は決して安いものではありません。

数万円で済む場合もあれば、数十万円かかる場合もあります。調査の時間が長ければ、それだけ料金がかかってきます。

今回は最も気になる調査の費用をどうすれば安くできるかに焦点を当ててみたいと思います。

その1:あなたがどれだけ情報収集できるか

浮気調査の費用を抑える方法は、あなたがどれだけ情報収集できるかにかかっています。この方法が全てと言っても過言ではありません。

例えば「妻が浮気をしているかもしれない。いつどこで、誰と会っているかわからないから、とりあえず探偵社に調査をお願いする」。

これは、最も浮気調査の費用がかかってしまうパターンです。

探偵社は1週間ほど妻の行動を確認し、浮気の実態があるかを調べるわけです。
つまり「不貞の証拠」が取れれば良しとし、取れなくても料金を請求してきます。最低でも十万円以上の費用がかかります。

この例からわかるとおり、費用を抑えるポイントは、パートナーの浮気につながる情報をあなたがどれだけ収集できるかです。パートナーが、いつどこで、浮気相手と接触するか分かっていれば、ピンポイントで探偵社が調査を行う事ができます。

決められた日時、場所を把握して、探偵社に情報を提供しておくようにしましょう。
さらに、突発的な情報(パートナーが急に泊りに行くと言い出したなど)を連絡し、対応してもらえるようにお願いすることです。

友人や知人に動いてもらい、事前に調査をしておくことも大切です。浮気相手の顔写真などがあれば、探偵社はスムーズに調査でき、時間の短縮になります。

その2:どんな探偵社を選ぶか

探偵社の料金システムによっても、浮気調査の費用は変わってきます。

・時間によって料金が加算されるシステム
・コースによって料金が変わるシステム

などがあり、各探偵社によって浮気調査の料金はまちまちです。

ホームページを見て、ご自分の予算と一致する探偵社を探しましょう。もちろん、料金の明示していない探偵社は避けたほうが無難です。

ある程度候補が上がったら、探偵社の無料相談を活用し実際にかかりそうな費用を提示してもらましょう。予算に合わせた調査を行っている探偵社も多くあるので、相談したほうが良いでしょう。

あなたの予算がどのくらいなのか、それをもと、どれだけの情報が必要かを提示することが大切です。

「○万円で、不貞の証拠となるホテルへの出入りを撮影してほしい。○月○日に妻が宿泊予定で友人の家に行くと言っている。」
このように、予算と情報を提示することで、費用を最小限に抑えて調査をお願いすることができるでしょう。

その3:どれだけの証拠を取ってもらうか

探偵社に浮気調査をお願いした時、どれだけの証拠や情報をとってもらうかで、料金は変わってきます。
重要な証拠を必要最小限に押さえれば、費用も安く抑えることができるでしょう。

パートナーと浮気相手がラブホテルへ出入りしている現場などは、最も有力な証拠となります。
この重要な証拠だけをとるようお願いすれば、それだけ費用を抑えることができるというわけです。

  • 5日後、2人で食事しているシーン
  • 8日後、2人が車内でキスしているシーン

などを撮影するのも、探偵社にとっては意味のある情報収集です。

これは「2人が恋人の関係性にある」「パートナーに浮気の常習性がある」ことを伝えるためです。
しかし、必要な情報といえど予算に限りがある場合には、全ての情報収集をお願いするわけにはいきません。

そこで、探偵社に調査をお願いする時に、どんな証拠を取ってほしいかを伝えておく必要があります。
あなたにとって、調停や裁判になった時、どんな証拠があれば納得のいく結果を得られるでしょうか。

その結果を得るために、予算に応じて必要、かつ重要な証拠だけをとってもらうようお願いすればよいのです。

例えば、調査員が稼働している当日「ホテルへの出入りを撮影できました。これから2人がレストランへ行く様子です。」と連絡があった時。
予算がなければ、重要な証拠を撮ったことを確認した時点で、それ以上の調査を打ち切ればよいのです。

このように、浮気調査をお願いする時、あなたにとって必要で大切な情報は何かを把握しておくことが非常に大切です。
それのみに焦点を絞ることで、他の情報にお金をかけることなく、費用を安く抑えることができます。

その4:どこまでの調査をお願いするか

浮気調査の費用を少しでも安くする為の6つのテクニック その②

パートナーが友人と泊まりに行くと言っているが、浮気相手と接触するかもしれないという場合。

調査員に稼働してもらっている時「○○さんが新幹線に乗るようです。浮気相手が遠方にいて会いにいくのかもしれません。」と連絡があったとします。

この場合、パートナーが浮気相手と接触し、ラブホテルなどへの出入りの証拠がとれるかもしれません。
しかし、調査員の新幹線の交通費や宿泊費がかかるので、予算をオーバーしてしまうこともあるでしょう。

もしかすると、パートナーは本当に友人に会いにいくだけかもしれません。

こういった場合「今日はそこまでの調査でストップしてください。」と言えば、当然、調査料金はかからないので費用を抑える事ができます。
浮気が日常的に行われていると予想できれば「必ずしも、今、調査を続ける必要はない」のです。

このように、交通費や宿泊費がかかる、有料施設への出入りがある浮気調査の場合、どこまで調査をお願いするかは費用に関わる大切なポイントになってきます。

その5:探偵社のサービスを活用する

浮気調査の費用を少しでも安くする為の6つのテクニック その③

費用を抑える最終手段は「あなた自身が浮気調査をする」です。

そのポイントの1つとして、探偵社のレンタルサービスを利用することです。
浮気調査に欠かせない機材をレンタルしている探偵社が多くあるので、まずは機材をレンタルして、あなた自身が浮気調査をしてみましょう。

では、レンタルサービスにはどんなものがあるのでしょうか?

  • GPS
  • ボイスレコーダー
  • カメラ

等が主なレンタル機材としてあげられます。

特に、GPSは浮気調査には必須のアイテムです。
例えばパートナーが浮気をしているかもしれないと気になっている時。

車内や持ち物の中にGPSを入れておくことで、パートナーの行動を把握できます。
しかし、一般的に使われているGPSは、検索範囲が狭いため、プロが使うような特殊機材を用いて行う必要があるのです。

こうしたプロが使う機材をレンタルし、パートナーの行動を確認し、ホテルがある場所で反応があったら、調査員に稼働してもらうという方法があります。

この方法ならレンタル料金、調査員の短時間稼働の料金で済みます。最初からパートナーを追跡し、不貞行為の証拠がとれるまで浮気調査をお願いしてしまうと、たった1日で数万円の費用がかかってしまいます。

証拠が取れる取れないに関わらず、稼働すれば料金が発生する場合があるので、機材のレンタルは、費用削減のために有効な手段といえるでしょう。

ただし、くれぐれも気をつけるべきポイントとして、あなたはパートナーに顔が割れていますし、万が一調査用の機材が発覚してしまうと全ての真実は藪の中へと消え、証拠を掴む事が出来なくなる可能性があります。くれぐれも行動には細心の注意を払い、あなたが浮気を疑っている事を悟られないようにしましょう。

その6:自分で浮気調査を行う

ポイントの2つ目は、「友人や知人に浮気調査をしてもらう」です。
浮気をしているパートナーの行動を把握することはあなた自身が行い、撮影して証拠を取るまでを友人や知人にやってもらいます。

探偵社から、浮気調査に必須の機材をレンタルし「不貞行為」があるタイミングを待ちます。
実際に動きがあったら、すぐに友人、知人に稼働してもらいます。

浮気をしている者同士は、当然ながら警戒心でいっぱいの状態です。
あなた自身が現場に行って証拠をとることは避けたほうが良いので、そのために友人や知人にお願いして浮気調査をしてもらうのです。

こちらも大きな注意があり、絶対にパートナーに秘密が漏れない友人や知人である事が絶対条件です。
浮気調査がパートナーにばれる殆どの理由が誰かがあなたの疑惑をパートナーに漏らしてしまう事です。彼らはあなたにもパートナーにも傷ついてほしくないという親切心から良かれと思い情報を漏らしてしまいます。
上記でも書きましたが万が一あなたが浮気を疑っている事が発覚してしまうと、全ての真実は藪の中へと消え、証拠を掴む事が出来なくなる可能性があります。

秘密を守ることができ、信頼できる友人なら、お金を受け取らずに協力してくれるかもしれません。くれぐれも、あなた自身が現場に行って証拠を押さえようとするのは避けるべきです。

このように「機材のレンタル+あなた自身が行動を把握する+友人が現場で証拠を押さえる」ことで、ご自身での浮気調査が可能になります。この方法なら、探偵社に支払うお金は、機材のレンタル料だけで済みます。

最初から探偵社にお願いすれば、数十万円かかる費用も、数万円以下に抑えることができるでしょう。

まとめ:浮気調査の費用を少しでも安くする為の6つのテクニック

費用を抑える最大のポイントは「あなた自身ができるところまで浮気調査をする」です。
時間と手間、絶対に秘密を漏らさない信頼できる友人の協力が必要ですが、費用を抑えるには最も効果的な方法と言えるでしょう。

浮気の実態があれば、今後の展開(調停や裁判など)を考えてもお金がかかってきます。
紹介した6個のポイントを組み合わせて活用し、費用を抑え、これからの問題をクリアしていきましょう。

おすすめ探偵社

 - 浮気調査について , , , ,