浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

浮気調査を依頼した直後にまずは行うべき大事な事とは

      2016/06/23

探偵の浮気調査と並行してあなたが行うべきこと その①

浮気調査をお願いした後は、これからの展開に備えて、問題解決のための準備をする必要があります。
「あなたがどんな解決を望んでいるか。」その目的を自分の中でハッキリさせ、終着点に向かってきちんと、冷静に準備をしていきましょう。

浮気調査と並行して行うことは色々ありますが、その際には必ず冷静さと芯の強さが必要です。
それを踏まえた上で、パートナーや浮気相手を論破できるよう対策を取りましょう。

パートナーの浮気が発覚しても、決して逆上してはいけません。婚姻の契約を破り、法を犯したパートナーには、法で対応すべきです。

まずはあなたの目的をハッキリさせること

探偵社に浮気調査をお願いした後、あなたはどんな調査結果を望んでいるでしょうか?

「不貞の証拠であるホテルへの出入り」が証拠として取れた場合、あなたは即離婚の準備をしますか?
それとも、その証拠を突き付け、パートナーの態度を見てやり直しを考えていますか?

浮気調査と並行して考えておくべきポイントは得られた証拠を使って、あなたが浮気問題をどう解決するかです。

  • やっぱり浮気していた!とわかった場合は離婚
  • まだ交際程度の段階で、肉体関係にまで発展していない様子なら、やり直すチャンスを与える
  • 今後、浮気をしたら財産や親権などの分配をどうするか決めておき、条件付きでやり直す

自分の気持ちをキッチリと決め、腹をくくっておくことが大切です。
その気持ち次第で、調査の結果で得られた証拠をどのように使うかの判断が分かれてくるでしょう。

自分で取れる情報を集めること

浮気調査と並行して行うことに、自分で情報を集めることがあげられます。探偵社に浮気調査を任せたからといって、すべてが判明するわけではありません。

浮気調査は探偵社とあなたが協力して行う必要があります。
パートナーの予定、急な行動の変化、友人から入ったその他の情報、メール、着信履歴などです。

夫婦であるあなたにしか知りえない細かい情報をキャッチし、浮気調査に必要な情報を探偵社に随時提供していく必要があるのです。
こういった情報をとらえ、探偵社に知らせておけば、急な対応も可能になり、重要な証拠をとりやすくなります。

パートナーがいつ浮気相手と会うかわからないから、1週間追跡調査をするとなれば、証拠が取れても取れなくても料金は発生します。
しかし細かい情報をキャッチして、いつ浮気相手と会うか予測がつけば、その日だけ調査をしてもらい、確実な証拠に結びつくでしょう。

こういったことから自分でとれる情報は、自分で掴んでおくことが大切です。

また、これからの展開を予想しての情報収集も大きなポイントになります。
浮気が間違いないと分かったら離婚をし、調停を視野に入れているという場合などです。

例えばパートナーの服の中から、遠方の街で買った商品のレシート、品物があったなどです。その日は仕事へ行くと言って出ていったはずが、レシートに記載してある時間は間違いなく買い物をしていたという証拠になります。

これは浮気とは直結しませんが、遠方に行っていたという事実を証明する材料となります。
つまり証拠ではなくても、「その時間、その場所で、誰と何をしていたのか?」と、パートナーを問い詰める情報になります。

これらは調停などで、調停委員に訴える材料になるでしょう。
これが1回のみならず、2回、3回と重なれば「その他の証拠や情報と合わせて、浮気を類推する大きな材料」になります。

こういった情報は「モノ」のみならず、音声などのデータ情報も含まれます。
あなたが自宅にいない間にも、パートナーは浮気相手と電話で話しをしている可能性もあります。

それらは確実で大きな証拠になるため、押さえておくべきでしょう。

まとめ:浮気調査を依頼した直後にまずは行うべき大事な事とは

浮気調査と並行して行うことは、あなたの気持ちをハッキリさせておくことです。得られた結果によって、どうするかをきちんと決め、ブレないことが大切です。

証拠や情報によって、調査がスムーズに進むことがあります。あなたが得られる細かい情報はキャッチしておき、探偵社に提供しましょう。

それは今後の調停などで必要な証拠になるかもしれません。

おすすめ探偵社

 - 浮気調査について , , , , ,