浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

浮気調査中の心構え 絶対に調査中である事を悟られてはいけません!

      2016/06/23

探偵の浮気調査と並行してあなたが行うべきこと その②

浮気調査と並行して行うべきことはいくつかあります。
しかし最も大切なのは浮気調査をお願いしたことを、パートナーに悟られないことです。

そしてこれまでどおり夫婦やパートナーでい続けることです。
パートナーが浮気をしていると思ったら、あなたは猜疑心にかられ、怒りを覚えるかもしれません。

探偵社に浮気調査をお願いしたのも、苦渋の決断だったはずです。
それでもあなたは怒りを抑えながら、冷静に調査結果を待ち今後の対応を考える必要があるのです。

パートナーが婚姻の契約を破っても、怒りに我を忘れないようにしましょう。
浮気調査と並行して行うことは、まずあなたの心を法的な戦いに向けて整えることです。

浮気調査していると悟られないこと

探偵社、あなたの双方にとって、一番避けなければならない事態は、浮気調査が発覚してしまうことです。

パートナーの一方的な行動で婚姻の契約を破り浮気をした。その上浮気調査が発覚して対策をとられてしまったら、相手の思うツボでしょう。まさにやった者勝ちになってしまうかもしれません。

法を破った人に対しては、法で対処しそれなりの責任をとってもらう。それが浮気問題を解決する方法です。

浮気調査とは、そのための準備段階ですので、発覚してしまえばあなたの苦労が水の泡になってしまいます。どんなことがあっても、怒りをこらえて水面下で調査を進めましょう。

「お前のやってることは知ってる!こっちは調べているんだからな!」などと言ってはいけません。

浮気調査と並行して行うことは、まずこれからの問題について、心を構えておくことです。

浮気調査中であると悟られたら

パートナーに浮気調査が発覚した場合、どんなことが考えられるでしょうか?
もちろん、浮気相手と会うにもかなり警戒するでしょうし、これまでのように、安易な連絡は取らないはずです。

つまり相手が警戒することは、浮気調査自体を難しくさせてしまうのです。
パートナーが起こした問題で、あなたがお金を払って調査をしているのに、その結果が得られなかったのではやりきれないはずです。

さらに調査が発覚すれば、パートナーも法的に戦う準備を整えてくるでしょう。
調停などに発展した場合「浮気が離婚の原因で、その証拠もある」と訴えた時、パートナーが「浮気は夫婦関係が冷え込んでいたから。致し方ないもので、これまでの夫婦生活が離婚の原因」と訴えたとしたら・・・。
調査の発覚によって、パートナーが法的な準備をし、離婚の原因をすり替えられてしまう可能性もあるのです。

こういった事態を避けるには、やはり調査がバレないようにすること。証拠を見せる時は、一気にすべてを明るみにし決着をつける時なのです。

仮面夫婦を装い、演じ続けること

夫婦を演じ続けることも、浮気調査と並行して行うべきことの1つです。
浮気調査を悟られない事ともつながってきますが、夫婦を演じていれば、パートナーの警戒心も薄いため、細かい情報が取れやすくなります。

これまでメールや着信履歴、スケジュールに、浮気相手とのやりとりを安易に残していたなどです。
こういったことは意外とあるもので、警戒していなければ、細かい情報を残している場合があります。

今までどおり、夫婦を続けていればパートナーは警戒せずに、自ら情報を開示してくるかもしれません。
その情報を探偵社に提供することで、重要な証拠につながったり、調停などで生かされる場合があります。

パートナーの浮気に気付いても、浮気調査をしている間は法的な準備を整えている期間と割り切り、夫婦を演じましょう

あなたの心の平静さが、法的な勝利を呼び込むのです。
まとめ:探偵の浮気調査と並行してあなたが行うべきこと その②

浮気調査と並行して行うことは、あなたの心をどっしりと構えること。夫婦を演じ、これまでどおりの会話、行動で対応しましょう。

浮気調査を悟られてしまえば、パートナーも警戒して法的に戦う準備をしてくるでしょう。
あなたの苦労、支払ったお金、かけた時間をムダにしないためにも、平静を装うことが大切です。

おすすめ探偵社

 - 浮気調査について , , , , , , ,