浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

浮気(不倫)が発覚したら② 確たる証拠も無いのに探ったり問い詰めたりしない

   

浮気(不倫)が発覚したら② 確たる証拠も無いのに探ったり問い詰めたりしない

パートナーの浮気や不倫の兆候を見つけてしまったら…。まずは誤解や間違いであると信じたいですよね。そしてパートナーに対して問い詰めたい気持ちが抑えきれないと思います。しかしその行動、ちょっと待った方がいいかもしれません。

浮気や不倫をしている方は必ず逃げ道や言い訳を用意している

前回の「最終到達地点を決め絶対にブレないと誓う」にも書きましたが、浮気や不倫をしている方は自分達に都合の良い言い訳や逃げ道を用意しています。

なんだか怪しい…と思い、問い詰めたら浮気を白状したというケースは非常に稀で、殆どのケースではしらばっくれられて終わり。真相は闇の中へ…となってしまいます。あなたが相手にしているのは、そもそも逃げ道を用意している相手ですので、こう言われたらこう返す…といったシミュレーションが出来ている場合が多く、しっかりと自分の安全領域を用意しています。

疑っていることがバレると、二度と尻尾は掴めなくなる

また、あなたがパートナーに対して浮気や不倫を疑っていることがバレてしまうと、二度とその証拠は掴めなくなります。浮気や不倫をしている人はそのリスクの大きさも重々承知です。常に後ろめたさとバレたときの罪の大きさとそのスリルを天秤にかけて浮気や不倫を楽しんでいます。

万が一でも浮気が疑われているという兆候が見られると関係の解消や、より注意深く行動していくことになると思いますので、二度と浮気や不倫の証拠を掴むことが出来なくなり、あなたはパートナーが浮気をしていたかもしれないというモヤモヤを一生抱えて生きていくことになります。

真っ黒でも真っ白でも疑惑を残したまま暮らすのは辛い

パートナーの浮気を疑ったあなたはパートナーにその兆候をぶつけました。ただパートナーはかたくなに否定し、あなたに対して激怒しました。もちろんこの一件の後はそういった兆候も見られなくなり、表面上は何の問題もなくなりました。

ただあなたの中には不協和音が流れ続け、はたして黒だったのか白だったのかをはっきり出来ずにモヤモヤとした気持ちだけが残り、その思いを抱えて一生暮らしていくことになります。これは非常に辛い事だと言えると思います。

そもそも浮気や不倫の証拠ってどういうもの?

テレビドラマなんかでよく出てくる浮気の証拠と言えば、サングラスをしているカップルがホテルから出てくる(入っていく)写真だと思います。もちろんこれも確たる浮気の証拠ではあるのですが、実はこれだけでは不十分な可能性があります。

万が一調停や裁判になった際に証拠能力のあるものとして提出するのであれば、最低でも二回以上の浮気現場の写真や動画、浮気相手の詳細なプロフィール、パートナーと浮気相手の細かな行動記録、メールや電話などの記録など証明能力の高い証拠が必要となります。

流石にこれを全て自分で用意するのは無理があります。私のおすすめとしては信頼できる探偵や興信所などに相談することです。彼らは浮気や不倫調査のプロフェッショナルです。迷わず浮気調査をされることをおすすめします。私も探偵に調査をお願いしました。確かに費用はかかりましたし、調査中は本当に辛かったです。しかし今になってみると探偵に調査を依頼して本当によかったと思っています。

まとめ:確たる証拠も無いのに探ったり問い詰めたりしない

あなたの早まった行動で全てが闇の中に消えてしまう可能性を書きました。確かに浮気の兆候に気付いてしまったら気が気でないと思います。すぐにでもパートナーを問い詰めて誤解だったと安心したいと思います。

しかし少し冷静になってください。パートナーが浮気したなんて話はそれこそ星の数ほどあります。私の妻に限って…なんて事は残念ながら絶対にありません。

今のあなたに大切なのは冷静な判断です。まずは今の自分が置かれている状況や、パートナーの不振な行動についての一歩引いた形での考察です。とにかく冷静に。そして結果を急がないようにして下さい。

おすすめ探偵社

 - 浮気に気付いたら , , , , , ,