浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

浮気(不倫)が発覚したら④ 絶対にバレない方法で証拠集めに取り掛かる

   

浮気(不倫)が発覚したら④ 絶対にバレない方法で証拠集めに取り掛かる

パートナーの浮気や不倫の兆候を見つけてしまった貴方。とりあえずパートナーを問い詰めて…というのはグッとこらえて、信頼できる第三者に相談しましょうと前回の記事で書きました。

>浮気(不倫)が発覚したら② 確たる証拠も無いのに探ったり問い詰めたりしない

>浮気(不倫)が発覚したら③ パートナーの事を知らない人に相談し、心の支えを得る

ここからはその浮気や不倫の兆候が本当であるか、あなたの思い過ごしであるかを検証していくためのノウハウをお伝えします。初めに言っておきますが無理はせず絶対にバレない方法で行いましょう。

そもそも浮気や不倫の証拠ってどんなもの?

一言に浮気の証拠と言ってもその使用用途によって大きく変わってきます。ざっと思い付く限りの浮気や不倫の証拠を上げたいと思います。

  • 浮気(不倫)現場の写真や動画
  • 浮気(不倫)を示唆するメールや手紙
  • 浮気(不倫)の第三者の証言
  • レシートやクレジットカードの明細
  • 携帯電話の通話記録や明細
  • パートナーの行動記録(日記でも可能)

その浮気の証拠は裁判や調停では証拠能力なしと判断される可能性があります

パートナーや浮気相手に対して認めさせるだけならばメール本文や着信履歴でも問題ないとは思いますが、これが調停や裁判になった際は証拠不十分となってしまう可能性もあります。

私は探偵事務所に浮気調査を依頼しました。その際に探偵さんから説明された事によると、最低二回以上の浮気現場の写真や動画などが必要との事でした。

浮気や不倫はその常習性も大きなポイントとなります。例えば話し合いの際に「飲み会の帰りに気分が悪そうなのでたまたま近くにあったホテルで介抱していた…」というような言い訳に対して何の反論ができません。二回以上の浮気現場の写真や動画などがあれば、そのような言い訳も成立しません。

まずはパートナーの行動記録や普段の生活ぶりから証拠集めを始めましょう

まずできる事として、日記をつけましょう。これの目的はパートナーの行動記録や生活の変化を取ることです。可能な限り詳細に帰宅時間や出勤時間、土日の過ごし方などを記録していきましょう。その内パートナーの浮気のタイミングが掴めてくると思います。また、服装や化粧、タバコやお酒、食事の好みの変化等、どうしても生活に変化が出ます。

探偵や興信所に依頼するには浮気のタイミングを掴むことが大切

今後確たる証拠を得るために探偵や興信所に依頼する事になった場合に、浮気のタイミングがわかっていると調査費用がグッと安くなります。闇雲に探偵を張り付けると、24時間尾行し、長い期間の調査が必要となり、とんでもない費用が必要となります。

尾行や張り込みは絶対に自分で行わず探偵や興信所等のプロに任す

浮気のタイミングがわかってきたらどうしても尾行や張り込み、盗撮や盗聴を行いたくなるかと思いますが、浮気や不倫をしている相手はとにかく敏感になっています。万が一でも貴方の存在がわかってしまうと、全てが闇の中に消えてしまいます。

また、刑事ドラマなんかで見る尾行や張り込みはただの素人再現です。パートナーに気付かれる可能性もありますが、隠れながらキョロキョロしている貴方はただの不審者です。通報されたり怒られたりする可能性もあり、それこそお粗末な結果に繋がりかねません。尾行や張り込みは探偵や興信所等のプロに任せましょう。

まとめ:絶対にバレない方法で証拠集めに取り掛かる

大切なことは絶対にバレない方法で証拠集めを行うことです。普段の生活から少し変わった部分や毎日の行動記録を取るだけでもかなり核心に迫れると思います。証拠集め期間は気が気でなく辛い日々になるかと思いますが、黒か白を判断する大切な基準になりますので、焦らず根気よく集めて下さい。

おすすめ探偵社

 - 浮気に気付いたら , , , , ,