浮気調査プロ

浮気調査の為の探偵の選び方と費用や相場をサレ夫の体験を元に解説

「浮気」「不倫」「不貞行為」の言葉の違いとは

   

「浮気」「不倫」「不貞行為」の言葉の違いとは

浮気と不倫、不貞行為にはどんな違いがあるのでしょうか?
一般的に使われる「浮気」「不倫」は、意味に違いはありますが、法的な言葉として使われることはありません。

一方「不貞行為」は、調停や裁判でよく使われ、法的な意味をもつ言葉です。離婚の原因の1つになる「不貞行為」という言葉。
この「不貞行為」という言葉の意味を知ることで、調停や裁判、離婚問題に対する理解を深めましょう。探偵社に浮気調査をお願いする時、離婚を考えている時に、必ず使うようになります。

「浮気」と「不倫」の違いとは

浮気とは、本命の恋人がいながら、その人に秘密で他の異性ともつきあうことです。浮気ですから、浮ついた気持ちから、他の人と肉体関係を持って付き合うことになります。肉体関係を持った上での二股交際、三股交際などが浮気といえるでしょう。

では不倫との違いは何でしょうか?
不倫は、一方が既婚者でありながら、妻(夫)以外の異性と肉体関係をもって交際していることです。例えば、ある女性が夫がいながら、別の男性とつきあって、肉体関係をもっている時。その女性は不倫している状態です。また、男性側も妻がいて2人とも既婚者がいながら交際していれば、ダブル不倫といえるでしょう。

不倫は、一方が既婚者である時に使われる言葉です。

では、実際の調停や裁判で、浮気や不倫とはどんな位置づけなのでしょうか?実は「浮気」「不倫」という言葉は法的な用語ではありません。

浮気相手、不倫の相手などの表現はよく使われ、耳にしますが、法的な言葉ではありません。調停や裁判で争点になるのは「不貞行為があったか」になります。

「不貞行為」とは何か

不貞行為とは、配偶者以外の異性と肉体関係をもつことを言います。キスしたり、手をつないだり、一緒に食事をしたり、などは「不貞行為には当たりません」。あくまで、セックスする、肉体関係をもつことが「不貞行為」に当たるのです。

不貞行為は浮気調査にどんな影響を与えるか

浮気調査をお願いする時、最も大切なのが「不貞の証拠」を取ることです。民法770条に、裁判で認められる離婚の理由として「配偶者に不貞の行為があったとき」とあります。「不貞行為」があった時は、裁判上、離婚する理由の1つとして認められるのです。

浮気調査では「不貞行為」が最も重要な証拠になります。例えば夫が浮気していて、浮気相手の女性と肉体関係をもっていたとします。

その証拠として必要なのが「夫と浮気相手の女性が不貞行為をしている」という事実なのです。つまりセックスしているその現場を、画像や映像として押さえることが最も有力で動かぬ証拠となります。

しかし、現実的にその場面を撮影することはできません。したがって夫と相手の女性がラブホテルなどに入る、出るシーンを撮影することが証拠になるのです。不貞行為の現場を押さえなくても、「不貞行為があったと類推される有力な情報」といえます。調停委員、裁判官が、客観的かつ社会常識的に見て「肉体関係があった」と判断する材料になります。

まとめ:「浮気」「不倫」「不貞行為」の言葉の違いとは

浮気とは、浮ついた気持ちから、交際している相手以外の異性と肉体関係をもって交際することです。不倫とは、一方が既婚者の状態で、配偶者以外の異性と肉体関係をもって交際することです。調停や裁判で法的に使われる言葉ではありません。

不貞行為とは、既婚者が、配偶者以外の異性と肉体関係をもつことです。調停や裁判で離婚が認められる理由として「不貞行為があったか」がポイントになります。

浮気調査の際には、この「不貞行為の現場を画像や映像として残す」ことが最も有力な証拠となります。しかし、現実にその証拠を撮るのは難しいため、ラブホテルなどへの出入りを「不貞行為があったと類推する」判断材料とします。

おすすめ探偵社

 - 浮気に気付いたら , ,